ストレスによる心因性腰痛、で使うツボ

こんにちは、朝霞市にあります整体治療院「たにぐち整体治療院」院長の谷口です。

今回は「ストレスによる心因性腰痛、で使うツボ」をご紹介したいと思います。

中注(ちゅうちゅう)

ストレスなどが絡んだ腰痛に作用する「足の少陰腎経」27穴に属するお腹にあるツボです。

おへその指1本分下で、左右に指1本ずつ開いたところにあります。

ストレスや女性の生理不順などが絡んだ腰痛でも使われています。

関元兪(かんげんゆ)

腰にあるツボでお腹の「関元」のツボとは異なります。

骨盤の上端から指2本分下を背骨方向にたどっていき、背骨と骨盤の境目にある窪みにあります。

下痢に良いツボとして特筆されている他、腰痛、排尿困難の場合などでも使われています。

意舎(いしゃ)

頭痛や意識障害を伴った腰痛、下肢痛に良い面を持つ「足の太陽膀胱経」67穴に属するツボで、背中にある一番下の肋骨とその上の肋骨の間にあり、背骨の中心線から指4本分外側です。

背中の痛み、腹部膨満感、消化不良などに良いとされています。

 

<参考文献>
『ダイソーみんなのツボ気功シリーズNo.6』 監修:王廷娟(オウ テイケン)

ご予約・お問い合わせは、お電話またはネットから今すぐ


今すぐ電話で予約する
090-4619-0817